パティオ演劇公演2017 てがみ座 第14回公演 『風紋...

2017/09/15UP

イベントTOP

『イベントナビ』に掲載されている個々のイベントの問合せや確認は、直接、主催者宛にお願いいたします。
『イベントナビ』では個々のイベントの内容には関知しておりません。お問合せを受けてもお応えできません。

開催概要

イベント名 パティオ演劇公演2017 てがみ座 第14回公演 『風紋 ~青のはて2017~』
主催者 [一般財団法人ちりゅう芸術創造協会]
会場 [パティオ池鯉鮒(知立市文化会館) 花しょうぶホール]
住所 知立市上重原町間瀬口116番地
問合せ先 TEL 0566-83-8100  
開催期間 17年11月25日
開催時間 14時00分 ~ 16時00分
料金 一般2,500円/22歳以下1,500円(全席自由)
備考 ※未就学児の入場はご遠慮ください。
※車椅子席の取り扱いはパティオ池鯉鮒アートセンターのみとなります。チケット購入時にお問合せください。
※開演後のご入場は制限させていただく場合があります。
※鑑賞等に障がいのある方はお問い合わせください。台本貸出も致します。なお、問い合せの件名には「てがみ座について」とご記入ください。

関連情報

イベント告知メッセージ

宮澤賢治が、亡くなった妹トシの影を追って鎮魂の旅に出る<死者との邂逅>の物語です。賢治の未来を見通す精神性のもと、現代の私たちが体験した震災の「汀(みぎわ)」の情景を取り込み、<死者との約束>を軸に、日本人が過去から託されたものを今一度見つめ、その上でこれからの未来を探ります。
自らの生を捧げて「ほんたうの幸ひ」を求め続けた賢治。 誰より純粋なその祈りは、厳しい寒さや烈風に晒されながらいっそう強靱に磨かれ、やがて後半生の10年をかけ『銀河鉄道の夜』を書き継がせていきました。永遠の未完成である物語は、まだ果たされない一つの願い。喪われた最果ての地を舞台に、心の彷徨が描き出されます。
2012年上演「青のはて-銀河鉄道前奏曲-」から5年。彼の地はいつしか「跡地」と呼ばれるようになった。けれど、そこに吹く風は、絶えず何かを囁き続ける。5年間の時を呼吸して綴る、もうひとつの「青のはて」。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス(URL)
http://www.event-navi.ne.jp/eventnavi_trackback.php?id=0000046388


携帯アクセス

このイベントの携帯サイト用URL
http://www.event-navi.ne.jp/eventnaviMobile/d_top_mobile.php?sID=000&eID=0000046388

携帯のカメラで、左のQRコードを読み取ってください。
携帯からイベントの詳細ページにアクセスできます。
お出かけの際、場所等を確認するために便利にご利用いただけます。


このイベントについてのメールのお知らせ

このイベントについて主催者からの「お知らせメール」を希望される方はメールアドレスを登録してください。ただし、メールの発行・配信は主催者の判断によりますのでご了承ください。

メールアドレス:

(利用規約)